血液センターでの薬剤師の平均年収

血液センター求人TOP >> 基礎知識 >> 血液センターでの薬剤師の平均年収

血液センターでの薬剤師の平均年収

血液センター勤務の薬剤師について見ていくと、まず知っておきたいのは薬剤師の平均収入です。薬剤師は資格が必要な職種で、需要も高くなっていることもあって、給与は平均以上と言われています。具体的な金額を見ていくと、例えば新卒者などのように、業務経験がない人の初任給で350万円から400万円にもなります。ここから経験を経て、あるいは経験者が転職した場合の収入を見ていくと、500万円ほどまで上がっていきます。平均値を知っておくと、それを基準にして自分の職場がどれくらいの収入の水準かがわかります。

血液センターで働く薬剤師の給与を見ると、わかりやすい目安で言えば病院勤務の薬剤師と同程度となります。具体的な金額をあげれば、初任給で400万円ほど、経験を重ねていって500万円を超えるといったものです。血液センターは全国のブロックごとに収入が多少変化しますが、大体これくらいは得られると考えていいでしょう。ここで一つ考えておきたいのは、高収入を目指して血液センターに入るのはありか?という話です。薬剤師の中でも特に収入が高いとされるのは、ドラッグストアで店長になる場合です。経験が少なくても、若いうちに平均収入を超えることができ、経営状態の良い店舗では600万円を超えることも珍しくありません。これと比べると、血液センターの収入が特別高いということにはなりません。むしろ、平均からそれ以上の収入は確保でき、専門性の高い業務につくことができるのが、血液センターで働くメリットでしょう。

薬剤師ひとつとっても、職場はいろいろあります。職場選びをする上で収入を基準にして決める人も多いでしょう。薬剤師の場合は、全体として一定の収入は確保されており、職場事の違いは少ないと言っていいでしょう。そうなると、むしろ職場選びで重視すべきは業務内容、適正などです。血液センターを選ぶ人、働いている人がよく言うのは、社会への貢献度です。輸血という医療行為の中でも人命にかかわるものを、裏で支えるのが血液センターですので、そのやりがいは非常に大きいです。

血液センターの収入について他にも注目すべき点は、赤十字社での採用となり、地域差はあるものの全国的に収入は同程度であり、事前にどれくらいの収入を得られるか予測しやすい点があります。組織としての安定性もあって、長期的に見て自分がどれくらいの収入を得られるかも考えやすいでしょう。求人情報を見た上で、転職エージェントなどを利用して実際に働いている人の収入を見れば、さらに具体的な数字を確認することができます。

血液センターへの転職もスムーズに!人気の薬剤師転職agent

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



ランキングの2位以降をトップページで確認する → → →

Copyright (C) 2014-2017 血液センターの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.