血液センターでの薬剤師の仕事内容

血液センター求人TOP >> 基礎知識 >> 血液センターでの薬剤師の仕事内容

血液センターでの薬剤師の仕事内容

血液センターでの薬剤師の仕事内容を見ていくと、まず血液センターでは輸血用の採血、製造、供給を行います。これらが業務の中心ということで、調剤薬局などで見られる一般的な薬剤師の業務とはその中身が大きく異なります。具体的には、血液製剤の製造、品質管理、医療機関への情報提供といったものがあります。このように見ていくと、まずはその専門性の高さが目立ちますし、一方で薬局での勤務と違うのは、患者さんとの直接的な関わり合いが少ないということです。ただ、医療の現場におけるその役割は非常に大きく、人命にダイレクトに係る業務と言ってもいいでしょう。その分、やりがいは大きくなります。

このような業務を行う血液センターですが、センター内にはいろいろな部署があり、所属するところによって個々の職員が行うことも大きく変わります。具体的な部署を見ていくと、検査部、品質管理部、学術情報部といったものがあります。このうち、検査部では献血で集められた血液に、化学的な検査を行っていきます。抗体反応などの検査をして、安全に輸血をするための仕事です。

また、製剤の開発部というところもあります。ここでは血液の成分ごとに製剤をつくることになり、赤血球製剤、血しょう製剤といったものを個別に扱うことになります。 特にこの部署は、他の部署と比べて専門性が高くなっています。血液に関する知識はもちろんのこと、薬剤についても専門的な知識が必要で、そのためのセミナーなども豊富になっています。例えば、血液関連の学会に参加して知識を深めたり、血液センターのミーティングへ参加して情報交換をするなど、自発的に学ぶ場はたくさん用意されています。

血液センターでの仕事は、一般的な薬剤師の仕事と違って、専門的なものが多くなっています。このため、薬剤師としての経験があるかないか、新卒での採用か転職での採用かはそれほど関係ありません。むしろ、積極的にあたらしい知識を吸収する姿勢が重視されます。一方で、血液センターで働こうと思ったら実際に職場の環境や内容がどのようなものか、他の薬剤師の職種とくらべながら、意識して詳しく調べて行くほうがいいでしょう。転職エージェントなどを利用して、職種の研究からじっくり行っていくのがいいでしょう。その上で、自分の勤務希望地ごとの求人情報の有無を確認し、応募をすることになります。地域によっては、その時点で募集をしていないところ、あるいは正社員での仕事がないところもあるので、前もって調べておくべきです。

血液センターへの転職もスムーズに!人気の薬剤師転職agent

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



ランキングの2位以降をトップページで確認する → → →

Copyright (C) 2014-2017 血液センターの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.